若旦那の目線から                                            きんとう旅館トップページへ

11月22日   恒例の家族会
埼玉グランドホテルでJCの家族会でした。

 ゲスト参加の秀チャンに風船で“犬”作ってもらいました。

下の子、長男の凌雅(りょうが)1歳が脱走しまくり!

  「ひとんちの子供をぶちにいくのはやめなさい」

11月?日   若旦那の大切なお友達
特に記事がないから載せたわけではないのですが・・・、
甲冑姿にギター片手に写っているのは若旦那の先輩。
学識もあり、多趣味、多芸。甘いマスクと男気のある性格。
 この方の卒業式でした。おめでとうございます。

 「何の卒業か?」って
周りにいるのは深谷青年会議所の仲間達。特に昨年一年間濃い時間を過ごした同志?達です。

11月19日   バス旅行と宴会  とちぎ秋祭りの見学
深谷まつり連合青年部(11町連合)の企画でした・・・が! 雨男の若旦那を連れてってしまったのはどう?
雨でお祭りは中止となってしまいました。
 とちぎ秋祭り紹介ページ
5年に一度のお祭りでしたが、今年から隔年開催になったそうです。再来年は絶対いくぞぉ。

でも、半日お祭り談議が出来ました。佐口部長お疲れ!

11月18日()19日()   深谷市産業祭
11月恒例の市産業の祭典です。
お天気に恵まれての開催で、若旦那も見学に行ってきました。
ビックタートル内では農産物の品評会、葱、ほうれん草、大根、チューリップ、胡蝶蘭・・・。所狭しと並んでました。

合併後初の開催でしたので、花園、岡部、川本の出展があり、例年より盛大なお祭りになってました。

11月14日   埼玉あきんど未来塾 最終回 
 通称 あきんど塾。

埼玉県が主催する商店街活性の講習会。それの最終回で大宮のソニックシティーへやって参りました。2日間開催でした。この日は<きん藤>が忙しかったので両日ともとんぼ返り。

埼玉県産業労働部商業支援課のあきんど塾紹介ページ 講師の五味栄里さんの写真もあります。
若旦那の感想・・・「声が澄んでいて お話が上手。とても素敵な方です」
             (声が忘れられない!)

11月12日   深谷市民音楽祭
第34回 深谷市民音楽祭 行ってきました。

会場は深谷市文化会館大ホールですが、この文化会館(市民ホール)が出来る前から開催されていたんですって! 歴史があるんですね〜。

ちなみに何年か前に出演経験があります、若旦那は。 マジで。

 今年の出演団体はこちら

11月11日   渋沢栄一翁命日

朝は深谷駅前の銅像で
献花式
昭和6年のこの日、渋沢栄一翁 92歳で大往生された日です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
深谷が生んだ『日本近代資本主義の最高指導者』渋沢栄一翁。
明治維新後、急激な近代化を迎えた日本を、経済という舞台で支えた人物。

公利・公益の為にと『道徳経済合一説』を唱え、日本で初めての株式会社を創設。
第一国立銀行(旧第一勧業銀行、現みずほ銀行の前身)の創立者。栄一翁が、生涯に関わった設立会社は、ゆうに500を超え、600以上の社会公共事業に関わると共に、国際親善にも大きく貢献しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜は栄一記念館での
にぼうと会で献花式

11月3日   智形神社秋季大祭 

浦安の舞い・豊栄の舞い
本住町の鎮守様、智形神社(正式には富士浅間神社)。御祭神は木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)で邇邇芸命(ににぎのみこと)の妻で、神武天皇の曾祖母。

本住町の氏子のお祭り。といっても、かなり盛大なんです。

餅つき、ヨーヨー釣り、綿菓子、豚汁、甘酒、味噌おでん、もちろん“宴”付。いい天気でした。

10月24日   七五三
娘、今、6歳・・・・・。


                                     えっ!? 

                           6歳でいいの?七五三やっちゃっていいの?

10月16日   埼玉あきんど未来塾
商店街経営者の中から若者を募って、計5回の勉強会です。今日はその3回目、「ホームページの活用」について。ご丁寧に、埼玉県庁が主催されているんです。

今回と前回の会場は熊谷でしたが、次回、次々回は2日間開催で会場が“大宮”。しかもお泊りコース。これは今から楽しみです♪・・・と、不純な動機が優先してしまうのでした。

塾の内容は毎回趣向を凝らしてあり、ためになるものばかりです。
欲を言うなら、もっと刺激的でもいいかな? 次回も期待します。

10月15日   川越まつり

何度か見学に来ていた川越まつりですが、今年はラッキーな事が二つ。

川越の町中は交通規制がかかっていますが、裏道から入ってかなり近い場所に車を止める事が出来ました。場所は教えられません(笑)ちなみにズルはしてませんからね。

もうひとつは家族で来られた事。蔵のまち川越の風情ある街並みをみんなで歩けたのがとっても良かったかな。
川越市役所川越まつりサイト

川越も廻り舞台

10月15日   唐沢川清掃 

若手は川に入って
先輩達が橋から引き上げ
旧名、唐沢掘。接する3町内(天神町、稲荷町、本住町)の清掃活動です。毎年行っているそうですが、僕が参加したのはことし始めて。十数年前から天神町のご有志で始められたそうです。

感想@・・・毎年やっているいのに、半端じゃない量のゴミが取れます。自転車とか数台。川はきれいにしなくちゃだね。

感想A・・・僕が子供の頃より臭くない。ちょっと嬉しかった。来年も参加しよっと!

すいとん頂きました。

10月14日   ハーモニーフェスタ For アジア
JC(青年会議所)主催のイベントでした。

アジアの食のブース、夕方からは〜 二胡が奏でる世界の和 〜  チェン・ミンさんコンサートをお手伝いしてきました。

 詳しくは(社)深谷青年会議所HPより

10月9日   上野台八幡様秋祭り

上宿・下宿・大台・鼠・小台
各地区の屋台の競演
深谷市の上野台地区のお祭です。
毎年見学させて頂いているお祭ですが、同じく毎年、伝統を守る氏子様の熱意に感心させられます。
“まつり”と“イベント”の根本的な違いがこのお祭りからはビシビシ伝わるんですよ。

 神社での儀式、屋台とお囃子、獅子舞、お神輿とこれだけお祭りの要素が揃っているお祭りは類を見ないです。

今年は若旦那が大変お世話になっている「大台地区」の年番でした。(最終日の神輿倉にねずみさんの屋台がやって来たのが40年ぶりだそうです)

八幡様の大神輿
今年の年番町は大台地区

10月7日夜から8日にかけて      同窓会→JC全国大会郡山→岡部コスモス祭  (眠かった!)

若旦那の同窓会幹事会
終ったのが午前様
深谷
午前2時
出発
(酒飲んでま
   せんよ)



福島県
郡山着
午前7時

全国大会式典
滞在時間6時間
郡山
午後1時
出発
(寝てま
   せんよ)



深谷着
午後5時

岡部コスモス祭
出店手伝いだったので写真なし

10月4日   バーベQ大会 商店街連合会 親睦事業 
深谷旧市街地には5つの商店街組織があります。 稲荷町共栄会、仲町勉強会、西島商友会、深谷商業奉仕会(本町・相生町・田所町)、本住町深光会です。
今日は連合会企画の親睦事業でバーベQ大会がありました。しかも、きん藤前の駐車場において。“深谷牛”の試食もあり、帆立の貝焼きもあり、大盛況でした!!

 商店街の活性を願う若旦那なのでありました・・・・。

10月1日   体育祭   深谷支部分館対抗

リレー選手
今日は朝からどんより曇り空。そんな事はおかまいなしに体育祭は開催されるのでありました。参加者の熱気に深谷小学校校庭はさながらお祭り騒ぎ。
お祭りと言えば若旦那の出番かな!?
             よっしゃーやったるでぇ!

    (と思いきや、ドン臭い若旦那に出る幕はなかったのです・・・)
 慎ましやかに玉入れ専門で落ち着きました。
   今年の体育祭の様子はこちら

リレーに白熱

9月23日   秩父 「守 破 離」 庵
ある塾の開塾式のお手伝いの為に定峰峠寄りの秩父へ行きました。
お昼、峠の茶屋で頂いた秩父そばがなんとも素朴な感じで美味しかったです。
なんでも、県教育界の勉強会なんだそうですが、こんな山奥なのに上田知事も来て、興味深いお話をされてました。自身も塾を開いていた頃、学校の勉強が遅れていた生徒さんを見事立ち直らせた時のお話とか。ためになるお話でしたよ。
お手伝いと行っても、駐車場係。そば食べて、良い話聞いて何とも贅沢なお手伝いでした。役に立ったのかな?      その塾のHP

講演する上田知事

9月18日   ファイヤーダンス
埼玉スタジアム2002で行われたハートフルフェスタにおきまして、こんな演技を見てきました。

  『ファイヤーダンス』。

 演じているのは僕の親友の寺田君。本場オーストラリア仕込の本格演技。この寺田君、オーストラリアで放浪旅を経験した事があるんだとか。
ヒゲあるときはネイティブ系。ない時は2枚目系になります。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
遅くなりましたが、7月開催の夏祭りの写真をアップしました。 
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

9月17日   お祭り見学                【東京 根津神社三百年大祭
        (熊谷山車祭研究会の皆さんと)     【茨城 石岡祭り】 

東大“赤門”近く
 本日、祭り見学2件ハシゴ。
午前中は東京、文京区にある根津神社の御遷座三百年神幸祭。
車中から撮った写真なので迫力が伝わりにくいですが、古式ゆかしく、荘厳な巡行でしたよ。
 3基の大神輿が同時にお目見えできるのは特別に今年だけだそうです。その他、江戸型山車もあったそうですが、全部は見て来れませんでした。次の石岡祭に期待。

『石岡市街地の賑わい』
“関東3大祭り”と言われるほどのお祭りだそうです。
 常盤道を一時間チョイ、茨城の石岡の秋祭りに着いたのは午後1時頃。東京からの距離は深谷とほぼいっしょ。人口8万人の市、石岡市です。でもこの賑わいは何なんでしょうか?商店街も活気にみなぎっていましたし、廃業店無しにビックリです。お祭りの賑わいと商店街の活気ってどこか繋がっているのでしょうね。いい勉強になりました(若)
上記資料の引用は石岡市HPから

獅子舞の幌屋台

『幌獅子』

当日、僕の取材はこちらから

9月7日      釣果はシマアジ5枚
面白い釣り堀を発見しました。←釣り好きの若女将が。
千葉は九十九里浜のすぐ脇。鯛・縞アジ・間パチを釣り放題!!

釣果は半日で縞アジ5枚。ほとんど若女将が釣上げた(肴×)です。僕に釣られた一匹は、よほどののろまだったのかな?
場所はここです→→九十九里釣りセンター

8月30日      本住町祇園会&隣組5組共催 納涼バーベQ
きん藤の前が飲み会会場。会場設営は若い衆が良く働き、頼もしいかぎりです。
中仙道の通りで開かれる“うたげ”。 夏の風物詩?として定着してきたんじゃないですか。

メガネやさんの「ホズミ」さん! 花屋サンの「日花園」さん! いつも協賛、協力ありがとうございま〜す!

8月21日      キディ〜パラダイス! 
毎年恒例のピューロランド公開録画。
朝4時半出発。7時前から並ぶんですよ!?多摩プラザで。

今年も朝並んでいると、、「あちゃ〜、地元の人発見!」「これはこれは、お祭り仲間の○○君じゃないですか♪」
 朝日とタオルが似合う男、No1!ですね。

8月20日      娘の誕生会
6歳になりました。来年は深谷小学校に入ります。
最近、若女将の話題は“ランドセル”の事。選ぶのも大変なようで・・・

(若女将談)「どこのお店行っても、お父さんも一緒に来ているよ。」

子育ては若女将任せなのであります。又、借りを作ってしまっている若旦那。今度、娘と公園行ってこよう!

8月15日      キャンプ in 長野(戸隠)  

清々しい朝食
7月12日に視察で訪れた長野がとても良かったので、家族を連れてやって来ました。善光寺前参道の“藤屋”サンは趣のある宿ですが、店内はモダンな和空間。食事するならお薦め。その他、ぱてぃお大門、元気プラザと廻って、店づくり、街並みのヒントを見つけにきました。
 泊りは「戸隠キャンプ場」 帆立炭焼き、美味い!
高原のキャンプ場なので、あじさい(初夏)とコスモス(秋)が隣合わせで咲いていました。

7月28・2930日   317年目深谷八坂神社夏季大祭&第11回深谷まつり
夏祭り、別称【若旦那が3日間仕事をしない日】が始りました。
・・・と、ここまでは昨年までの事。
  今年は何たる事か! 初日の年番神輿を担いだ後は仕事してました!?
 理由@だぼシャツが着られない 理由A股引が履けない 理由B半天が小さくなった 本当にビックリしました!こんな事が起こるなんて。
         (次の日は朝一でワークマンに行って、買ってきました。)
 今年の祭りの様子はこちら

7月22日      横浜市  青年会議所サマコン

摩天楼のようでした
この会議は全国レベルの“勉強会”、と若旦那は認識してます。ためになる講演やセミナーが目白押し。
  ・・・ですが、僕ははじめて来ました。
 田舎もんの僕は、会議の規模よりも、横浜の都市にただビックリするばかり!上を向いて歩いていたら、人とぶつかってしまいます。

  「すげ〜ヨコハマ!ヨコハマすげ〜!」を連発してしまいました。

麻生外務大臣講演

7月16日      日光市  青年会議所関東地区大会

二荒山神社
若旦那+子供2人でのお出かけは、ちとしんどかった。でも、日光の方はみんな良い人ばっかり。家族でいるとそう感じました。

 出かける前に日光を検索していると、各所にライブカメラがあって今の日光を見る事ができるようです。 →そのサイト【日光国立公園観光とレジャー

子供と一緒に二荒山神社カメラの前に立ち、留守番の若女将に電話「もしもし今、日光。パソコンに映ってるよ〜見て〜」 てな感じです。子供も大喜び。

輪王寺

7月12日      長野市ぱてぃお大門開発視察研修旅行  (商店街連合会&商工会議所青年部)
ここは長野市、善光寺門前町。
研修視察旅行と言う事でやってまいりました。
善光寺から参道を下って2つ目の交差点の一角にあります。蔵造りを活かしたまちづくり事例『ぱてぃお大門』。
長野市商工会議所TMO事業の一環として行われた事業だそうです。
そのプロジェクトの陣頭指揮に招聘された元扇屋ジャスコの取締役の方からお話を受けました。現在のイオングループ前身のジャスコ、その前身の岡田屋の番頭さんだった方です。・・たぶん。

刺激的な講演でした

7月7〜9日      深谷七夕まつり
七夕の飾りつけ。今年は浅草橋まで行って材料買ってきて、1週間前から製作してみました。案外面白いです。来年はもっと凝った物にしよっと!
ところで、今年もきんとう前では生ビール・つまみの販売をしました。大勢の方に喜んで頂けたでしょうか? テーブルも若旦那の手作りでした。
 
 七夕に合わせて深谷まつり連合青年部によるお祭広報イベントも行われて、お祭に一層の華を添えていたのが印象的でした。                詳しくはこちら

6月17日      ミニトマト
家庭菜園の鉢でミニトマトが出来ました。こんな簡単にできちゃうんだぁ。
何しろ、子供が毎日水をくれていたのが微笑ましかった。
子供の感動と喜んでいる顔が親にとって嬉しい事はないですね。

 後ろでちゃっかり映っているのは若旦那。

6月18日      ニッポン!ニッポン!ニッポン!
パブリックビューイングで日本代表を応援しました。

 サッカーの応援は行った事がなかったので、少々気恥ずかしさがあって、後ろの方で観戦していた若旦那でした。

試合終了後、会場の片付けをお手伝いさせてもらいました(若) 思ったほどゴミがなかったのは、深谷の若者のマナーが良いのかしら。

6月14日      お祭青年部第2回コンペ in キングダム
恒例になりつつあるきん藤集合→バスで移動→キングダムコースコンペ。
若旦那が運転手なんですけど、これって出席義務ってことですか?
 だとしたら大変光栄です。

 スコアは120台。股ズレなし。

お祭まで後、2ヶ月。そろそろお祭モードかな?

6月10日      深谷岬塾6月
今回のテーマは「山鹿素行」。前説はT君。
実はこのT君、物知り大王なのです。若旦那より若いのに、文学・哲学・歴史・・・なんでも良く知ってるよ。一見、堅物なんですけど中身はソフティ。

 でもT君、若旦那と一緒にいるとアホうつるからほどほどにしておいた方が良いよ。

本日の前説は岬先生からもお褒め頂きました。さすが武井君! 

6月9日      若旦那、同窓会in大手町
何ともこじんまりした同窓会でした。
このちゃぶ台に4時間お世話になりました。場所は東京大手町、とある地下の居酒屋さんにて。
みんな“おっさん”になっていると思いきや、「あんま変わらんね〜」が第一印象。
みんなハツラツとして頑張っているんですね。僕も頑張らなくちゃ!・・・と、大きくなった僕のお腹を見つめました。

せっかくの東京だったので有楽町東京フォーラム相田みつをミュージアムをダッシュで見てきました。 

5月28日      全国岬塾連絡協議会



岬塾続きになりますが・・・。先週の“歴博”の帰り車中での会話。

(若) 「来週、全国岬塾の会議あるんでしょ、三重で」(自分には関係ないお話と、他人事のように)
(高) 「自分と○村さんで行ってくるよ」 (仕方なく、犠牲精神でと言わんばかりに)
(若) 「ご苦労様。で、三重の何処でやるの?」(一緒に行くつもり毛頭ないが、一応は関心がある振りをする)
(高) 「伊勢志摩、伊勢神宮あたりかなぁ」
(若) 「伊勢神宮ぅ☆!・・・ちょっと待って!」(店に電話・・・来週の予約状況を聞く)
(若) 「うん、・・・うん、・・・分かった。」(電話を切る)
(若) 「僕も行く!行くよ!何で誘ってくれないの」
(高) 「・・・・・。えっ!行くの!?何がいっくんの琴線に触れたの?」
(若) 「伊勢じんぐうっ!」

  と言うわけで、行ってまいりました。
 岬先生を師事されている全国の岬塾関係者。北から青森、深谷、千葉、東京、静岡、名古屋、広島、長崎まで20名の連絡会議でした。
感想は、「行って良かった♪刺激になりました」 様子はこちらから




5月21日      国立歴史民俗博物館 (佐倉市)
 <><>深谷岬塾番外編。<><>
千葉県佐倉市、長嶋茂雄氏出身の地にある『国立歴史民俗博物館』へやってまいりました。
岬先生は前日に講演があり、千葉市内のホテルのお泊り。我々深谷岬塾生が早朝出発して合流。四街道を通って佐倉へ。
歴史好きにはたまらない施設でした。ただ、行った時が第3展示コーナー(江戸時代〜明治)がリニューアル閉鎖中だったのが非常〜に残念でした。僕らにとって一番興味深い時代だったのになぁ。でも、五月晴れで新緑が美しい印象的な一日でした。帰りに佐倉高校寄って来ました。

5月13日      鱧(はも)
←これが  →→→→→→→→→→→→  こうなりました→→

鱧と言えば京都の夏料理に欠かせない食材。小骨が多くて“骨切り”という独特の料理技術がないと美味しく食べられない魚です。
肉食性で凶暴な性格ですが、白身で上品な味わいです。今日はお吸物の椀種にしてみました。

(真夏になると高級魚。今頃は需要がないので意外とお手頃)

5月9日      TDR
GW明けで仕事も一服。忘れていた家族サービスを敢行。
今日は「ランド」の方へおじゃましました。上の娘も背が延び、“なんとかマウンテン”にも乗る事ができました。

子供達・若女将がダンボに乗っている間、パレードの場所取り。太い身体が役に立っている図。
〜〜「20年前はキャストだったのになぁ〜・・・」(若)

5月5日      端午の節句
1歳1ヶ月になりました下の子の初節句です。
店の玄関に飾らせて頂きました。

上の子は大人しい女の子。この子はやんちゃな男の子。こうも性格違うと、戸惑う親なのであります。

 子育てって、難しいけど面白いね。

5月3日      大宮アルディージャのサポートカンパニーになりました
      「正直に申し上げます。」
 若旦那、サッカーは不得手です。 ・・・ていうか球技はからきし・・・、はっきり言って「運動音痴」です。最近ではゴルフにも誘われますが、必ず股ズレをおこして帰ってきます

 それはいいとして。

深谷では大宮アルディージャサッカー教室が年間を通して行われています。また本日はアルディージャJrユースU−13の合宿が深谷で行われました。というわけで?きん藤はアルディージャサポート企業のお仲間に入れさせてもらいました。
 サッカー教室の取材も今後してみようかと思っています。よろしくお願いします。
大宮アルディージャサッカー教室の詳しいお知らせはこちら

4月30日     わくわく市   「信じられないよ。見て!この賑わい!」

 きん藤前の賑わい↑

活鯛のいけす釣り!
タイムサービスは鯛寿司無料配布
きん藤前の通りは「中仙道」。そして中心市街地商店街です。ここ中仙道商店街は人のぬくもりと“歴史”の匂いのする味のある商店街です。 
 
 ただ、今は「シャッター通り」と呼ばれています。ちょっと寂れてしまっているだけ。そうです、店を閉めてる店がちょっと多いだけなんです。今は・・・。

【祭の事】
 若旦那はお祭好きです。見るのも参加するのも両方好きです。深谷へ(10年前に)帰ってきたのも家業を継いだのも地元の祭に出たくてなんですね。無礼講、馬鹿騒ぎは得意中の得意。まつり囃子が聞こえると仕事はしません(キッパリ!) なぜお祭が好きかというと、もちろん、お囃子やったり、神輿かついだり、発散して馬鹿になったり、酒飲んだりできる事も好きです。が、もっとうれしいのは、町中の人が老人から子供まで、男も女も一緒に祭に興じられる事。得もいえぬ“連帯感”とやり終えた時の“達成感と感謝の気持ち”。もしかしたら祭が町を良くしているのかもしれないと思わせてくれます。祭り期間中によく耳にするあいさつがあります「お世話になります」「おかげ様です」「いただきます・ごちそうさま」「ありがとうございました」・・・     町に住んで、町の人と関わりあって、「お互いさま」の気持ちを強く感じられる祭が好きなんです。

【中仙道商店街】
こんな僕ですから、昨今の商店街の寂れ方には心痛めてました。そんな所にこの企画(わくわく市詳細)が持ち上がりました。商店街活性のきっかけになれば。そんな思いで一杯の若旦那でした。  ちなみにきん藤前は左写真とおりの活況。わくわく市全体はの様子は主催者:深谷JCホームページより。

4月27日     某深谷市議会議員、市政報告会を聞いてきました
 合併による新市誕生から4ヶ月が経とうとしてる『深谷市』です。
  一般市民として普段どおり生活しているとあまり変化が無いので、
    「そういえばそうだったよね」的な話ですが・・・・。
   ・・・市政はそうでないらい。「山積みの仕事量」だそうで。    (やっぱそうだよね)

   この市議さんは選挙も近くないのに豆に「市政報告会」を開催してくれてます。
           (しかも話し面白いんだって!)                       小島市議のホームページ

〜〜〜この間、更新が途切れたのは、若旦那が“ナマケモノ”だからです。 【わくわく市】の会議・作業が毎日、午前2時過ぎまで続いたせいではありません

4月6日      きんとうは“わくわく市”を応援しています

  クリックするとわくわく市詳細ページへ跳びます
    (“音”が出るので注意)
若旦那もスタッフジャンパー着て
宣伝してます。上は新宿歌舞伎町にて
日花園(お花屋サンです)の新装開店オープニングパーティで

4月5日      20年ぶりに会った同級生が“旅人”になっていました
若旦那の中学・高校時代の同級生です。名前は金子鉄朗。
  自身のホームページは「静かな振動

 写真を撮りながら世界を、・・・といってもアジア、中東、南米など、土のかおりのするとこが多いかな〜(若旦那から見た印象)を旅しているんだとか。詩も書いていて、沢山のアニア(当時のニックネーム)らしい世界観を作りだしていました。

 今日は彼の個展に行ってきました。場所は高田馬場にあるバー「26日の月」。1ヶ月前に日本に帰って来たそうで、たまった写真の中から二十数点を展示してました。

     「飲んだぞ〜 朝帰りだぞ〜」

4月5日      深谷駅の発車音が・・・
驚いた事に、「おネギのマーチ」になってました。

 「おねぎ〜だよ〜♪ おねぎ〜だよ〜♪ しろく〜て〜・・・(閉)」

  もしかしてJRへ深谷市から働きかけたの?  「さすが 深谷市! やるねぇ〜」


 ただちょっと変な感じ。電車の発車音ってもっとアップテンポですよね。(「早く乗って!閉まっちゃうよ!」って感じの) 深谷駅のは「とんっと とんっと とん・・・・・(無音1秒) とんっと とんっと とん・・・・・(無音1秒) とんととと〜(ドア閉まる)」って感じなんですね。のんびりとした発車音でした。  

4月2日      深谷観光コース  (晴れてたけど、強風。でも不思議、7分咲きの桜は散らない。)
きんとう→常夜灯→レンガ工場→渋沢栄一記念館→青淵生家→誠之堂(せいしどう)青風亭(せいふうてい)→きんとう 所要時間2時間

 きん藤は宿泊セットのお得なご宴会コースがあります。
 今日は同窓会という事で、県内各地よりお越しいただお客様からのご要望で深谷の観光コースを仕立ててみました。

 歴史に興味ある方にはたまらないコースです。 (最初は宴会幹事に義理立てして乗っていた参加者の方も、次第に興味を示していただき、深谷の魅力を絶賛してお帰りになりました)
 

3月27日      そういえば、「見返りの松」が伐採されてから1ヶ月 
  
写真は深谷郷土文化保存会著「深谷市の昭和史」より引用
左は昭和30年小林徳太郎写す 中はきん藤所蔵絵画 右は17号開通時まだ未舗装
先月でしたが、見事に伐採されました。
    「見返りの松」  お疲れ様でした。
〜〜中仙道を江戸時代の旅人が往来していた頃、深谷で一夜を過した旅人が宿場を出たところでふり返った場所。艶かしい姿の松に昨晩楽しんだ遊女との思い出を投影させたのでしょう。その当時、八十余軒の旅籠数は中仙道一。特に江戸へ向かう旅人にとって山越えの長く苦しい旅はあと二日でおしまい。次の晩は江戸へ入るための身支度で遊んでられないのなら、今晩の深谷だけは旅の疲れを癒す為に・・・・・。〜〜
 風情、人情の町「深谷」  その頃旅籠から創業したのがきんとう旅館です。

3月25日      春爛漫  秒読み 
  深谷駅南側の桜並木。
はち切れそうな僕の身体 桜のつぼみ。
来週末辺りは見ごろを迎えるでしょうね。そろそろ花見の算段をしないと、春爛漫はあっという間に過ぎて行きます。

今日は唐沢堤の清掃活動です。
 (若旦那がゴミをちゃんと拾っていたかどうかは内緒。)

3月16日      ホテルレストランショー    (於:東京ビックサイト)
年一回開催のホテル・レストラン関係の見本市(入場1,000円)但し業界関係者は招待状が届きます。
800社以上の出展があり見応え充分です。(モーターショーのようにハイレグのコンパニオンさんはいませんけど・・・)
今年は若女将同伴でやってまいりました。「これも勉強の為」を合い言葉に厨房用品コーナーで展開されている“試食”の数々を堪能してまいりました。

 ところで今年気づいた事がありまして、中国の方が大勢いらっしゃいました。商社のバイヤーではなくて、これから本国で出店を考えている普通の“おっちゃん”や“おばちゃん”達なんですよ。「そんな景気がいいのか?」と世界情勢の一端を見た気がしました。

3月8日      新潟県旧山古志村 元村長 
長島忠美氏の講演を聞いて参りました。(深谷でも講演依頼中5月?)あの災害(新潟中越地震)を陣頭指揮して駆け回り、全村民避難の英断を下した当事村長のお話。

 「私達を山古志に帰して下さい。」「山古志はいい所です。雪解けの雪の隙間から覗かせる蕗のとう。そこの土の軟らかさ、温かさは行った人でなきゃ分からない。夏の森の木陰を通る優しい風、美しい棚田風景、山古志の財産だったんです。私達は山古志を愛してるんです。」
 とても印象的な言葉でした。

この言葉に同じように値する「深谷の魅力」って何だろう。考えさせられます。

3月5日      まちの和 ひとの和 こころの和 「ハーモニーフェスタ」 
今日は後者の方(3月3日の続き)

 (社)深谷青年会議所主催:新市合併記念イベント。「ハーモニーフェスタ」

     ぽかぽか陽気ですこぶる沢山の人出で賑わいました。
       写真は人文字。1300人以上の参加を頂きました。(新市人口の1%)
                   快挙です!
     詳しくは(社)深谷青年会議所ホームページより

3月3日      深谷商工会議所青年部 オリエンテーション
深谷商工会議所青年部と(社)深谷青年会議所ってよく間違われますが・・・。
 本日は前者の方の集まりです。

 担当委員会事業「新入会員オリエンテーション」の司会を務めさせていただきました。
写真は青年部事業「フラワークイーン」17年度事業最後のお役目でした。お疲れ様。

3月3日      雛祭り
 娘は5歳。最近は母親の口癖を頻繁に使い、愛らしさの中にも生意気な自我が芽生えはじめてます。そんな娘ですが、最近気になっていることがひとつ。

この年頃の女の子向けの嗜好ってありますよね。テレビで言えば仮面ライダーよりプリキュアスプラッシュスターだったりとか。こないだ娘に聞いてみたんです、一番好きな番組を。
そうしたら・・・・
            ・・・「ドラえもん」は許すよ。
  でも、
   一番好きなのが「ハクション大魔王」ってなんだよ。(涙)

2月24日      ザスパ草津 監事 鳥谷部 史氏 講演(行田にて)
講演会に来ました。今日はサッカーJ2リーグのザスパ草津の親会社(株)ザスパ草津の監事を務める鳥谷部(とやべ)氏のお話、ザスパ草津の立ち上げから現在に至る経緯やユニークな取り組みについて聴いて参りました。鳥谷部氏はチームの出発⇒栄光⇒挫折⇒再出発をチームと一緒に過ごして来られた方なんですが、本職は商社マンで、ザスパからは無報酬なんですって。

 ところで、ザスパ草津のホームページを観ていると、J2には元J1のチームも居て何か哀愁漂ってます。ヴェルディ、レイソル、ベルマーレ・・・。  あれっ!?「大宮アルディージャいないよ、J2に。」もしかして、J1なの? いつのまに?        アルディージャJ1でした。 

2月19日      湯沢布場スキー場
 
  湯沢スキー場   今年の積雪は大人の背丈以上
 深谷観光の勇三君に誘われて(人数合わせで)雪国へやって参りました。
何年もスキーへ来ていなかったので、娘も“大雪初体験”です。

 午前中はそり遊びと宝探しでゲレンデを満喫。
 午後は近所のそば屋で冷酒三昧⇒前日徹夜だった為、爆睡・・ZZZ
 その間、子供達はたくましく遊んでました。

 帰りの車窓から見た新潟は、道の両脇が幾重にもなった積雪の壁で、今年の豪雪のすさまじさを物語っていました。

2月17日      書道家 武田双雲氏 講演 
   「書道をはじめてみたい。」と思えた講演会でした。 「書」で自分を表現する素晴らしさを教えていただきました。それと、トークもGood!!面白い!!
うまく言えないけど、夢への実現に向けて必要なのは毎日の積み重ね。毎日それを願っていれば当たり前の“日常”からも、多くのヒントやステップが見えてくる。(無理だと思っていた望みに可能性が出てくる瞬間ってあるんでしょうね)・・・と、大きくうなづいてしまった若旦那。

熱しやすい若旦那。 まだ、書道始めてませんけど・・・。

2月11日     2月 深谷岬塾
偶数月の第2土曜開催の「深谷岬塾」。

 岬龍一郎著「日本人の名著を読む」の中から毎回1人に焦点をあてて講義が進みます。
 今回は「中江藤樹先生」

 だんだん、参加される方が増えてきました。今日は会場満席になってしまいました。栃木や山梨からわざわざ来られる方もいらっしゃいます。 

 どなたでも参加できますので、次回(4月)、若旦那と一緒に参加しませんか?
  深谷岬塾ホームページはこちら

2月7日     宿泊業関係者の集まるセミナーに行って来ました。
品川プリンスホテルにて行われた、同業者の集まり。(○○ カ、カンファレンス?・・・若旦那、舌を噛んでしまいそうなネーミングのセミナーでした
 前半は勉強会。(ぐっすりZZZ・・・ 若旦那にはちと難しかった

後半がパーティ。 名刺交換、情報交換が盛んに行われてました。総勢1000名ですから、会場のはじっこに居ると会場の反対側の壁が霞んで見えるほど。

綺麗な盛り合わせがあったので記念に撮って来ました。 

2月5日     元SKD男役トップダンサー (甲斐京子さんの文化庁芸術祭大賞受賞を祝う会)
 『SKD』 って聞いた事ありますか? たぶん昭和世代の方なら知ってるんじゃないでしょうか。今はもう無い浅草国際劇場(5000人収容)を中心にレビューやダンス、歌の公演で一世風靡していた、あの『松竹歌劇団』です。            
若旦那もSKD解散のニュースには衝撃を受けたものです。たぶん18年くらい前の話かな?
 今日は元SKD、甲斐京子さんのお祝いの会に行ってきました。 僕は良く知らないんですけど有名な女優さんも来られてました。池内淳子さんて言ってましたが・・・。
 僕の恩師が甲斐京子さんの後援会長しているもんで・・・。恩師(千葉大学名誉教授村山元英教授

2月3日     クライマックスは夜8時半から  楡山神社(深谷市原郷)
深谷商業通りを北へ数キロ。遊歩道を越えた先にある三差路交差点、その角にある神社が楡山神社。   (詳しい事は2日前(2月1日)の書き込み参照。)

            年越祭(節分祭)の様子はこちら

                                         (取材:若)

         「無病息災を祈る」

2月2日     本日は色々な事がありました。 B偶然
     「
 その方がマネージャーらしき人とホテルのチェックインをしてた時、周りには誰もいなく一見しただけでは普通の人にか見えませんでした。     ・・・「っん?」。振り返りよく観ると。
 そうです、あの人でした! 0.000001秒後、若旦那は躊躇なし猛ダッシュ。
       △▲△▲△▲△▲
 「金子信雄のおいしい夕食」のアシスタントの時から観ていました。 「ハンバーグの硬さは?」(東) に、「○○ちゃんのおっぱい位だよ」(金)。金子さんのセクハラぶりが見応えでしたね。金子さんは作るだけ作って自分は食べず、美味しそうに食べる○○さんの横で酒を飲んでいたなんて、今考えると飛びぬけた番組でした。しかも、1週間まとめての収録だったんでしょうね。週の後半に行くにしたがって金子さんから言い放たれる戯言もアルコール濃度と比例するかのようにエスカレート。いい番組でした。

2月2日     本日は色々な事がありました。 A商工会議所青年部研修会埼玉大会in深谷
今日は市内のホテルでヤングリーダー研修がありました。写真の講師は一昨年の全国青年部の鈴木会頭。小田原のあの蒲鉾屋サンの若旦那です。

若旦那が箱根で板前修業していた当時、生活圏が小田原でした。よく、あの蒲鉾屋サンの前を通りましたよ。講師の方とは初対面ですが、なんか懐かしい気がしました。

研修会のテーブルディスカッションで僕は“書記”を任されました。指が痛くなるまで書き綴りました。
今日の収穫は“わらび”と言う字が漢字で書けるようになった事です。

2月2日     本日は色々な事がありました。 @若女将厄除け 妻沼聖天院
昨年末より体調が万全でなかった若女将。原因を“多忙”のせいにしてましたが、1月になっても回復せず悪化するばかり。更に蓄膿の頭痛と嗅覚障害に。そこで今日は厄払いへ。
 すると、・・・お祓いを受けてから数時間後、「あれ!?匂いがする!1ヶ月ぶりに鼻が利いてる」(若女将)と。 

緊急企画!!若女将へ励ましの言葉を送ろう!
こちらから入れます

2月1日     きん藤メルマガから 地域情報  若旦那お薦め 
写真なし 本日きん藤メールマガジン第2号発行しました。その中から抜粋
     ☆☆☆☆☆ 
今年は2月3日が節分ですね。節分というのは立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいいますが、立春が1年の初めと考えられることから春の節分が最も重視されています。また新年の前日として大晦日に相当する訳で、前年の邪気を全て祓ってしまうための追儺(ついな)の行事、いわゆる「豆まき」が行われます。
 
 「豆まき」の大豆は良く炒ってある事が重要。「豆(まめ)」を「魔眼」と言い換えて大豆をよく炒ってあれば「魔(鬼)」の「眼」が出て来なくなるという言い伝えです。
    ・・・・◆・・・・・◆・・・・
 楡山神社 節分祭(年越祭) 12:00〜21:00
 縁日も数店、だるまを売っている店とか出ています。豆は持参。何処の神社でも見かけられるように(?)、拝殿脇に鎮座している赤鬼と青鬼めがけて「鬼は外、福は内」と邪気を祓います。
 
 と、ここまでは、普通の節分祭。  『クライマックスは夜8時半〜。』
 花火の打上を合図に、先程の「赤鬼、青鬼」を拝殿から群集へ持ち出します。それぞれの鬼がまとっている「赤い布」「青い布」を待っていた参拝者がちぎって持ち帰り、それをお守りにするそうです。その様子は「押し合い圧し合い」状態。まさに奪い合い!です。
 
 昔は、鬼を年男が務めていたそうですが、怪我、骨折が絶えなかったそうで、今は人形が代役を任されています。また、布の争奪戦も昔は拝殿前に放り投げて行われていたようですが、それも怪我人続出で今は奉賛会の方がなるべく全員に行き渡るように配布してます。(但し、数年前に若旦那が行った時にも殺気立った争奪戦は健在で腕にはみみず腫れが数本できました)
 
 興味のある方は、是非どうぞ。ご利益はありますよ また、今年の様子は「若旦那のページ」で報告します! 
 楡山神社のホームページはこちら↓
  http://homepage3.nifty.com/nireyamajinja/

1月31日    2月の懸賞 
好評の企画「きん藤ホームページからの懸賞」
2月は“おしるこの瓶詰め3瓶セット”です。

 応募フォームはこちら

  応募と同時に月一発行のきん藤メールマガジン購読ができます♪

   応募待ってます!!

1月25日     きん藤ギャラリー
今月の展示は
 「広重 東海道五十三次 版画展」

 きん藤所蔵の逸品?

  全部は展示できなかったので【日本橋】〜【沼津】まで

      結構、見応えありますよ。解説もついてます(深谷市教育委員会作成)

1月21日     京都 
出張で京都まで来ました。
ただし、京都滞在時間6時間の強行スケジュールで。目的は“懇親会”のみ。

 交通費がもったいない気がしましたが、やっぱり深谷を離れて遠い地まで来ると、いつもより強く深谷の事や、お店の事や、家族の事を考えている自分に気がつかされます。また短時間でも京都の風に当たると思考のスイッチが切り替わり、面白いアイデアが浮かぶもんです。小さい発見でしたが、若旦那には充分収穫のある京都旅行でした。
                  若旦那の京都紀行

1月18日     深谷ねぎ出荷最盛期 
先月の懸賞は“採りたて新鮮泥つき野菜”でした。当選された方へ送付を済ませました。
協力してくださった山新青果山口さん情報では、深谷ねぎの最盛期で市場は葱の出荷で賑わっているとの事。早速、早朝の市場へ。今日は深谷の中瀬市場へ伺ってみました。
そこは、「深谷ねぎの・山・・・。」 これは壮観でした。

 深谷は農業生産高埼玉県1位。長葱の他には胡瓜、大和芋、ほうれん草の生産も盛んな地域。チューリップの切花は日本一だそうで。最近では花卉栽培も有名です
 

1月17日     新年会で血洗島の獅子舞(ささら)
今日は深谷青年会議所の新年会。各界の代表の方やOBをお招きして盛大な会に参加して参りました。若旦那はと言うと、主催者側の一員ですので、来賓でお越しの方々への接待役に撤しておりました・・・。(これが始まるまでは)
 新年会ですから、数人のご挨拶の後には乾杯、宴となります。毎年、余興のアトラクションが執り行われるのですが、まさかここでこれが観られるとは思いもよらず、若旦那大興奮です。(冷静さを失いかけました)深谷市、有形、無形民俗文化財指定、渋沢栄一翁も幼少の頃には雄獅子を演じてたと云われる『血洗島の獅子舞(10月16日17日)』
 関東北部には獅子舞(ささら)を伝承している地域が多く、深谷市も例外ではありません。
とりわけこの(血洗島諏訪神社の)獅子舞は有名で、栄一翁もこよなく愛し、翁が高齢になってからもこれを観に里帰りする程でした。
 そんな獅子舞をここで観られるなんて、若旦那興奮せずにはいられません!今やる事は接待 見逃さない事です。

1月5日     初荷
 
  早朝の大宮市場        マグロ屋サン
きん藤の仕事始めは3日からでしたが、市場へは本日行ってまいりました。思っていたより品物が揃っていて良い買い物ができました。
ただ、先月から海が荒れているのと、寒波と、雪による高速道路の分断で値段は目が飛び出るくらい。「ま、しかたないか」と値段をなるべく見ず損得を考えず買ってきました。
 
 毎年思うけど、「“初荷”ってなんとなくすがすがしいです」

1月2日     正月休み 《獅子舞見て生の箱根駅伝》
若旦那家族はゆっくりお出かけさせて頂いております・・・。品川の某ホテルで。
水族館へ出かけた娘と若女将をホテルの部屋でBS「男はつらいよ〜我が道を行く寅次郎」を観ながら見送った若旦那はそのまま寝入って居ました。

  朝の出来事T: 第一京浜を走る「箱根駅伝の走者一群
  朝の出来事U: びびる娘

1月1日     元深谷市・元岡部町・元川本町・元花園町  = 新深谷市
合併記念式典が行われました。
深谷高校吹奏楽部の厳かな演奏から始まり、1市3町の市旗、町旗の集結式、開市のテープカット・くすだま割りの後、餅つき煮ぼうとう甘酒無料配布が深谷市役所で行われました。
   (写真を掲載しようとデジカメ持って行ったのですが、悲しい事に電池切れ↓)    この人が仕掛け人
今日1月1日全国で43市町村が新たに誕生するそうですよ。
      ・・・ん、まてよ。43市町村?・・・“市”だけじゃないんですね。合併して“町”や“村”のまんまの所もあるんですね。まだまだ謎だらけの「合併」ですね。



   過去のページはこちら  2005・7月〜12月  (初期のページも結構面白いでっせ)



カウンター無料
今日:


昨日: