若旦那の目線から                                            きんとう旅館トップページへ

12月30日     「彩の国 いなほ会」ボランティア演奏会
これも毎年の恒例行事になりました。
きん藤大広間を使って、生バンドの演奏会。近所のお年寄りに年の瀬の演奏プレゼントです。
いなほ会のホームページはこちらになります。

 「加藤ホルモン」若店員のあの人もラッパ吹いてます。

12月29日     忘年会シーズンも佳境 今年も若女将大ハッスル
先月11月中旬から始まった、いわゆる「忘年会シーズン」。とうとう今日明日の残すばかりになりました。きん藤では毎年多くのご来店店を頂き大変ありがたく思っております。

 ←そこでこの期間中、現場で起こっていた“生の”情報をお伝えします。

   『若女将、走る走る! 子供をおぶって、館内縦横無尽に。』・・・・・・・・。

                                休日なし休憩なし怒涛の1ヵ月がやっと終ります。

12月25日     きん藤ホームページから懸賞 第2弾!!
毎月恒例「深谷産の名品紹介、&プレゼント!! 第2弾です!!
協力は信州屋さん、白石君
信州屋サンとは★深谷お土産★の代名詞、豚肉の味噌漬けで有名な精肉店です。
遠方からもお買い求めにやって来られます。
とにかく肉が軟らかいのです。良い肉使ってます。
口コミで広がっているので、宣伝は一切してないそうです。
今回は特別に宣伝させていただいてます!
応募はこちらから↓
         ◎応募フォーム (若旦那作メールマガジン購読希望者も登録一緒です)

12月18日     渋沢栄一翁の映画化をすすめる会主催の勉強会 IN きんとう
 きん藤ホールにて表題の勉強会「渋沢栄一翁を語る夕べ」が行われました。
この“話題”で何人来られるのか心配でしたが、開始前から会場満席の大盛況で、『さすが深谷。栄一翁の話題だとこんなに集まるもんなんだな』と感心させられました。またまた渋沢栄一記念財団から石井館長も駆けつけて頂けました。
 内容は ビデオ上映(15分)⇒講和が新井慎一さんと小林敏男さんからそれぞれありました。
 その後、会場を広間に替えて“懇親会”。一人一人のごあいさつ。 若旦那もトップでごあいさつ。
 『深谷から栄一先生を発信できる事は良い事だと思います。今日は一番若手になりますが、もっと地域の若者を誘って来たいと思います』(若)  (会場割れんばかりの大拍手!)なんちゃって! 

12月9日     きんとうギャラリー始まりました
きん藤の中廊下の壁紙と照明を替えて、ギャラリーにしてみました。忘年会シーズンでたくさんの方がここを通りますので観て行かれる方には目の保養になりますし、作品を出してくださった方にも発表の場として喜んで頂けるかなと勝手に思ってます。
展示期間は1ヶ月。どなたでもお貸しする予定です。(詳しい事は若女将まで)
今月の作品は
   「絵画サークル こばると会」の皆さんの作品です。

  これもメールマガジンでご紹介します。

12月5日     滝宮神社 酉の市
深谷駅に着いて3番線のむこう側方を見たら、やってました。「滝宮神社 酉の市」。
すぐ若女将に電話して誘い出し、幸いにお店の方も落ち着いていたので、即OK!
12月の夜ですから寒さも真冬並みです。子供達も防寒着重ね着でやってきました。

 まずは神社へお参りを済ませ、きれいに飾られた熊手などのお飾りを物色。ところが娘には全く興味のない世界。しかも寒いときたので「早く帰ろう」攻撃。若女将もこの後の外食の事で気もそぞろ。結局、冷かしのお客になってしまいました。

  ところで、熊手って買った事ないんですけどご利益はあるのかな?

12月5日     六本木ヒルズ イルミネーション
またまたやってきました、おのぼりさんの六本木研修。
楽天の販売ツール講習会で上京してきました。本日の講義は「ページ作成に役立つ色々なツール編」。今日のカリキュラムは遅めの開始だったので、講義終了したらもう日が暮れてました。
森タワーを出てビックリ、綺麗なイルミネーションがヒルズを幻想的な場所に仕立ててました。

 このまま赤坂辺りへ繰り出す算段も頭を横切りましたが、何せ師走。無難に帰路へ着く事が正解だろうと判断し、地下鉄日比谷線に歩を進めました。

  だって、先日は浦和で会議があったんですが、ちょこっとお酒を飲んで帰ったら、乗り過ごし高崎駅で途方に暮れたばかりですもの。

11月29日    メールマガジン発刊しようと思いました。

12月の懸賞は山口さんちから
新鮮どろ付き野菜
昨年の秋にきん藤の代表に就任し、財務面の強化、館内のリニューアル、経営体質の改善に取り組んでまいりましたが、まだまだ経営努力をしていこうと言う事で、“メールマガジン発刊”を思いつきました。理由は宣伝力の強化にもあるのですが、自分の“想い”として、「きん藤が何か社会に役に立つ事はないか」と長い間考えてきた、まず始めの取り組みです。
 館内のリニューアルに合わせて廊下の一部をギャラリーにし、◎サークル活動の発表の場に使って頂きたい事や、◎地域の行事の紹介や、◎僕の得意分野の料理では「毎月のレシピ」、◎地場産にこだわった懸賞品を毎月行い、地域の産業を紹介する事など、挑戦して見ます。

 創刊号は12月下旬、12月懸賞の当選者発表と合わせて行い、毎月下旬発刊を目指します。

11月25日    家族会
青年会議所の行事。普段、家族サービスが行き届かない家族にお世話になっているメンバーの為に、奥様と子供達に感謝しつつ開催される恒例行事。
うちの若女将もこの企画は楽しみにしています。家族写真も一年毎撮ってもらえるので、子供の成長と僕のお腹の成長も良く解ります。(前髪が後退するのも判るみたいです)

 若女将も一週間前から他の奥様との情報交換も綿密に、デパートのはしごを繰り返し、今日を迎えます。今日から三日間は夫婦仲も安泰です。

11月24日     旧松代藩(長野県松代市)散策、文武学校と佐久間象山
前日からの続き・・・
上田より離れて隣の東御市明神館に宿をとり、ここからは深谷メンバーと岬塾の再開。
・・・昨日のいきさつはこうです。信州上田市に「和心道クラブ」という研究会があり、岬先生が講演会を行った関係上、深谷岬塾生も招待されて交流できたという訳です。ただ深谷のメンバー平均年齢30代に対して和心道クラブは50〜60代?の大先輩であったため、恐縮しつつ杯を重ねた・・・。
 宿に移り、和心道クラブの事務方の小山さんと小池さん(こちらは我々とさほど離れてなくて話し易かった)とゆったりした中でしばし岬塾の講義。宿のロビーを借りてお茶を飲みながら先生のお話は何度聞いても心地よく聴けます。
 ロビーの消灯後は深谷メンバーと先生だけになり、僕達の部屋で続きのお話を。
ここでは一転して、商売の話など。フランクな話題に移っていきました。お開きはとっくに午前様でした。ここまでお付き合いしてくださる岬先生のご好意に感激です。

  昨日までの事で一杯になってしまいましたので、本日の事はこちらへまとめてみました

11月23日     岬塾 (長野県上田市にて)
深谷午後4時に出発。(仕込みを大急ぎで済まして)高速道、若旦那専用車(軽自)が飛ばす。
午後6時15分に上田市太平庵(そば屋サン)の2階、懇親会場へ滑り込む。
主催者のあいさつの途中だったが、空いている席に案内される。自己紹介の番になり、遅参した事を詫びて岬塾についての自分の感想を述べる。

   ・・・・・・2時間後。

             こんな感じで終りました。

11月19日     第20回深谷市産業祭
 秋の恒例イベント。2日開催で7万人の来場者あったそうです。会場は深谷市総合運動場周辺及びビックタートル内。今年も秋晴れの良いお天気でした。
深谷市は「深谷ねぎ」を代表に大和芋・ほうれん草・キュウリ、最近ではチューリップの切花・胡蝶蘭など農業生産高の高い地域。つまり、「深谷は土の香りのする街」と言う事です・・?
産業祭も“秋の収穫祭”的要素がシッカリ残っていて、なんとも心地よいイベントです。

 注目のイベントは【N1−GP(グランプリ)】。 カッコ良さげなネーミングですが、要するに「ほうとうの郷土料理対決」です。今年で3回目?山梨のほうとう、伊勢崎のおっきりこみ、六日町の信州そば、そして深谷の煮ぼうとうの食べ比べをするそうですよ。武田信玄の陣太鼓連が登場したり、会場の賑わいを集めてました。

11月17日     弁当出前 千四百人前!  若女将(スーパーおかあちゃん)大奮闘!
きん藤旅館始まって以来の大量受注。 当初不可能と言われた数でしたが、大旦那の慎重な意見を聞かず、勢いで受けてしまいました。
 実際作って見てビックリ仰天! 「やっぱ半端じゃない量だわ。」
午前1時から出て来てくれた羽生君と黒ちゃんも大活躍でしたが、本日、大奮闘してくれたのは若女将。総勢20名の混合スタッフを指揮し、一糸乱れない流れ作業を作ってくれました。
 徹夜しましたが、無事お届け出来た事がなによりでした。  (でも、もうこりごりです)
    手作り弁当はこんな感じ

    仕込みの風景はこんな感じ(煮物のカボチャを剥いている所)

11月13日     休日のおとうちゃん inパティオ
今日はがんばって、家族サービス2件目。
もんじゃきを食べて駄菓子を買った後、「芝滑りに行こう!」と言う事になって、パティオの公園にやって来ました。ここパティオは全天候型、オールシーズンの屋内プール。ただのプールじゃありません。横浜でいつかあった、あのレジャー施設を彷彿させる程の“市民プール”です。値段も安くて大人は800円(ちなみに僕は640円で入れます) 普段は娘と泳ぎに来ますが、今日はなんと言っても「芝滑り」

    珍しい人に会いました。・・・井田君。
         会うのは夜、会議とか宴会とかで会う事しかないお方です。

11月13日      ろくさんちのもんじゃき
7月28日「近所に散歩」で紹介した『ろくさんち』
最近では珍しい駄菓子屋さん。“昭和”の香りをぷんぷんさせています。若旦那がガキンチョだった頃、深谷市街地には半径500メートル毎に駄菓子屋さんが点在していました。今思えばそれがその頃の子供達の行動範囲(なわばり)と一致していたんだと思います。
 「今でもやっているのはここくらいかなぁ。」
今日は娘ともんじゃきを焼きに来ました。値段は150円・200円・300円。熱源は煉炭。そして、厚みのある鉄板が焼けたら、「じゅ〜〜。」
 家庭のホットプレートでは出来ない、粗雑なんだけど何とも言えない「ほっと」する味。

11月11日     渋沢栄一翁命日 深谷駅前、翁銅像前にて献花式
朝10時、深谷駅に集合でした。
若旦那も、尊敬する栄一翁に献花をして参りました。

 <東京都北区王子にある渋沢栄一記念財団から事務長の石井浩様も駆けつけて頂けました>

  関係ないのですが、本日(11日)にわが息子(生後8ヶ月)が初めて、自力で立ちました。
 「たっち記念日は11月11日渋沢栄一翁命日で決定。」 たぶん忘れないだろうな。どっちも。

11月10日     渋沢栄一翁月間 「絵で見る渋沢栄一の生涯」
〜11月11日は、埼玉県の偉人 渋沢栄一の命日。(栄一翁については10月29日の記事を参照)     翁の生誕地・深谷市と竜門社深谷支部は、この11月を「渋沢栄一記念月間」として、さまざまなイベントを開催しています。〜   (広報深谷から)

 第2弾企画展「絵で見る渋沢栄一の生涯」へ行ってきました。
油絵の作品は渋沢栄一の波乱万丈の生涯を時系列に則って展示してありました。大変分かりやすく、ついつい見入ってしまいます。
 作者は元八基小学校校長の渋沢敦雄(しぶさわあつお)氏です。

 場所は深谷駅2階 駅ギャラリーで行ってます。入場無料。

11月3日     鎮守様の秋祭り 
きん藤がある中仙道深谷宿、それも本住町は智形神社の氏子衆にあたります。神社名は正式に富士浅間神社、御祭神は木花咲耶姫神(このはなさくやひめのかみ)、この神は邇邇芸命の妃で、海幸彦・山幸彦の母、そして神武天皇の曾祖母にあたります。

今日はこの神社の秋季大祭。餅をついたり、自治会や子供会主催の縁日が出たり、決して大きくない祭りですが、村の鎮守様の祭りの様でほのぼのとしたところが郷愁を誘います。

写真は小学生による「豊栄の舞」「浦安の舞」

11月2日     夕日が綺麗だったので
思わず車を止めて撮りました。岡部のコスモス通りを本庄方面へ走っている時、一瞬の雲の加減で本当に綺麗な夕日をみる事ができました。

 手前はブロッコリー畑。

 いつも見ている当たり前の景色でも、心打たれる時ってあるんですね。

10月30日     江戸天下祭り

熊谷うちわ祭りから銀座町区の山車。後ろは深谷駅ではありません、本物の東京駅です
一昨年(2003年)、江戸開府400年を記念して、江戸天下祭りの復活祭りが開催されました。
 余談・・・“日本3大祭”って知ってますか?京都の祇園祭、大阪の天神祭り、そして江戸の天下祭りです。
大変好評だった為、今年も日比谷公園を中心に天下祭りにちなむ各地の祭りを集結させて開催されました。

 祭り好きの若旦那は自然とここへ身を投じるのでありました。
 
     詳細は後日アップします

10月29日     渋沢栄一翁を映画化する運動
渋沢栄一翁。1840年(天保10年)榛沢郡血洗島(現深谷市血洗島)に生誕し、江戸末期から明治維新の激動の日本を生き抜き、「道徳経済合一説」を掲げ、日本資本主義の生みの親、近代経済の父と表された男。(詳しくは著書「雄気堂々」参照)
当時全国に500社以上の会社設立と600以上の福祉団体設立に寄与。
生誕の地、深谷として翁の功績を顕彰し、映画化することを目的とする団体の講演会がありました。

 「製作に5億円かかる」そうです
   実現してもらいたいですね。

10月28日     食べ歩き  帝国ホテル・赤坂の懐石料理
あの帝国ホテルで昼食。流石に一流のホテルだけありますね。ホテル内の設備、調度品、テナントの名店群、そしてサービスと。いい刺激になりました。(同業者?として) 通常ここを利用すれば、ウン万円するのでしょうが、そこは目ざといのがうちの夫婦です。日比谷から皇居、九段下まで見渡せる地上17階で存分に帝国ホテルの“味”を楽しめるビュッフェを見つけました。
 「何かのお祝いですか」(気さくな黒服のサービスマン) 
  「いやぁ、ただの景気づけですよ」(僕)


夜は赤坂でたまたま入った懐石料理のお店。こちらではしっかりと料理の研究。最近では珍しい懐石膳での給仕でした。周りのお客は(小部屋ですが隣の話はなんとなく聞こえてきました)社用族ばっかり。うちらだけ場違いな家族連れです。  隣の部屋の営業マン達は隣室が家族だと知り、脇を甘くしたのかT電力の裏話や予定入札価格など興味深い会話をさんざんしてました。

10月19日     ろっ、ろっ本木ヒルズに行ってきました
 たまに“東京”に赴くと、田舎もん丸出し「おのぼりさん」で、珍しい高層ビルに、しばしうっとり☆
都会のマナーに臆病になりながらも臆せず、かっ歩して参りましたよ、はい。そんな僕に六本木ヒルズは、優しく迎えてくださいました。 今日来たのは楽天トラベルの宿泊業者対象の講習会に参加する為。
 素晴らしい講義の途中、休憩を喫煙ルームで過ごし、ここでも関心。Smorking roomまでエグゼクティブな雰囲気。シガレットをたしなんでいる女性もエレガント。こんな一服も優雅な時がゆっくり流れているとは・・・。
 実にいい気分でいると・・・・・

         「すいませ〜ん、ここ女性専用なんですけど」(困)

                                  の一言。  「えっ!?」(僕)

トイレだけじゃないんだ!都会じゃ喫煙ルームも男女別なのね! やっぱ、田舎もんだぁ〜!僕。
ちなみに、帰りにすれ違いましたよ、生“ほ○えもん”と。ふつーに歩いてました、一人で。

10月9日     秋のお祭り  目白押し(上野台八幡様秋祭り・岡部コスモス祭り)  
朝一番は深谷市上野台地区にある上野台八幡様の秋季大祭中日、大台自治会大睦会神輿渡御へ参加しました。毎年お世話になっている大睦会サン、いつもありがとうございます。(感謝感謝)

その後、コスモス祭りよさこいそーなん2005In深谷会場のお手伝いにやって参りました。県内各地から25チーム、本格的なよさこい鳴子を深谷駅前の会場で演舞して頂きました。

夜は岡部街商工会サンのご好意で花火大会にご招待して頂きました。

10月3日     岬塾開催予告
深谷岬塾開催(10月塾)

平成17年10月8日(土)
16:00〜18:00(時間厳守)

渋沢栄一記念館

受講料1,000円

次回題材は「吉田兼好」岬龍一郎先生著「日本人の名著」を読むから
新渡戸稲造Soul of Japan「武士道」へダイナミックに繋がっていきます詳しくはHPへ

*岬塾とは ・・8月20日の書き込みご参照
開催チラシ
岬塾ホームページ

10月2日     姫路に行ってきました
写真は、【世界文化遺産】白鷺城こと姫路城

若旦那(僕)が所属している青年会議所の全国大会姫路大会出席の為、やってきました。
青年会議所とは全国に700地域、全国会員4万人以上がそれぞれの地域で明るい豊なまちづくりに取り組んでいます。
深谷大好きの若旦那も地域への恩返しの意味で入会させてもらってます。ただ、会員資格が40歳までなので、あと2年間で卒業になります。この全国大会はその年に卒業するメンバーのための式典でもあるんです。毎年の事なんですが、お世話になった先輩方との別れを意識させられる、なんとなく切ない大会です。

9月29日     花植木流通センター付近
8月27日「ぶどう狩り」でも紹介しましたが、この辺りは植木や造園の盛んな所です。
今日はぶどう園の隣にある花植木流通センターに行ってきました。今日は平日でしたのでセンターの中は閑散としてましたが、週末ともなれば遠方より高速使って大勢の方がみえるそうですよ。
写真はセンター入口にある植木専門のお店。センター内の品揃えは、植木全般から、庭木庭園唐子、花の鉢など。

近所には、同様の販売所がいくつかあります。大きなハウスの中に色とりどりの花々
春先にまた来ようと思いました。

9月26日     深谷の初秋

     コスモス(秋桜)
 彼岸明けから「秋の気配」がはっきりとしてきました。
深谷は商工農のバランスの取れた街。ちょっと車で走るとそこにはのどかな田園や農村風景が広がります。
 
  のぞかせた秋の端っこを見つけに行きました。

 ちなみに、この辺は農産物直売の盛んなまち。「野菜が美味しい深谷」です。

9月19日     敬老の日
3年前までは9月15日が“敬老の日”でした。で、この日の由来は諸説あるそうです。聖徳太子が老人ホームを作った日ですとか、養老伝説で当時の天皇が行幸した故事に因んで敬老会が昔から行われていたとか・・。
 それが、今では9月の第3月曜日が国民の祝日になってます。
 そこで、気になった事がひとつ。・・・第3月曜日が一番遅い年では敬老の日はいつになるんだろう?って。 そうしたら、9月1日が水曜日から始まった場合、第3月曜は21日になるみたい。
そうなると、こういう事かな?秋分の日がだいたい23日位だからその間、ずっと連休?・・なの?
19日(土)〜23日(水)まで5連休!!学生は大喜びなのかな?・・・
こんな事を考えながら、バスの洗車をしてました。(写真)

9月18日     中秋の名月
旧暦8月15日は中秋の名月。別名、芋名月。
毎年この頃は空気も澄んできて、満月も綺麗に見えるようです。(来月は13夜月)
そういえば、朝夕はぐっと涼しくなって秋の気配がしますね。

 食材もだんだん秋らしくなってきます。代表的なのは松茸。国産じゃなければ今が一番出回ってます。(国産は10月から。でも、なかなか手に入りませんけど)あと、おすすめは自家製いくら醤油漬け。いくら丼は絶品です!

 次回の「」はそんなお話です。10月2日新聞折込(博字堂より)

9月17日     岡部コスモス祭りの協力について
10月9日(日)開催、岡部コスモス祭り。「関東YOSAKOIそうなん2005」の深谷サテライト会場運営のお手伝いをさせていただきます。その為の打ち合わせ会議でした。
これまでに何度も会議をしてきた訳ですが、今晩の打ち合わせで企画の全体像と運営の詳細が決まりました。

 岡部商工会青年部の皆さんの一所懸命さに心を打たれました。成功を祈ります!

  会場はキンカ堂西道路と南側駐車場です、ホコテンで露店も出ますのでご家族でお出かけになってみてはいかがですか!

9月7日     深谷祭りの連合青年部メンバーとゴルフ
場所は秩父。 キングダム
参加メンバーは18人

  午後から晴れましたけど、午前中は“台風通過中”でした。

 スコアは132(マイペースです)順位は15位


このコンペは今年から始まり、毎年ここで開催する事になりました。お祭りの慰労会を兼ねて。

8月31日     岬塾 暑気払いで参拝と明治記念館
深谷岬塾塾長 の T氏 と 事務局長 K氏 と S氏 と T氏 それに 僕の5人で岬先生に東京でお会いしてきました。これも先生のご好意によるものです。

明治記念館の中庭はこの時期、ビアーガーデンとして開放しており、芝生の上のさわやかな環境の中、有意義な時間をすごす事が出来ました。

先生を囲い、ゆったりと時間で、時には真剣に、時には笑い、実に魅力的な語らいの場をつくって頂きました。
                深谷岬塾ホームページ

8月27日     ぶどう狩り
 きんとうから20分ほどにあるぶどう園。ここも深谷市内。この辺は花園町も含めて、植木栽培、造園業の盛んな地区。隣のトトロや思い出ぽろぽろで出てくる田舎風景と同じ景色が見られます。

 このぶどう園の隣は花植木センター。

今日のぶどう狩りは昼休みの2時間の中で満喫してしまいました。

8月26日     台風直撃
 もしかして、「台風の目」かも!?

 早朝、市場へ出かけた時、撮影しました。

 時間はAM6時ちょっと前
 場所は17号国道 熊谷市
 撮影方向は栃木・茨城方面 

 その時、ラジオで「台風の中心は現在、つくば市上空あたりを通過中・・・」と
  これって本物かな?     
幸い、今度の台風も被害はほとんどなく通過して行きました。(良かった)

8月22日     ピューロランド
8月生まれの娘のためにここへ家族で行きました。何か特典があるそうです。それに、ピューロランド公開録画(火曜朝7時半放送)が重なり、早朝から行列して入園しました。
 お父ちゃんは「へとへと」です。

     でも、これが疲れを吹き飛ばしました!
           「まっちー と とっこ」と一緒に撮影。
                   「ちょお〜 ラッキー!!」(若だんな)

8月20日     深谷岬塾
講師 岬龍一郎先生による人材育成のための「人間経営塾」 全国にある塾のひとつで深谷でも主宰して頂いております。
岬先生とは昨年、深谷青年会議所の事業で講演を依頼させて頂いてからのご縁です。

最近の著書「言志四録<現代語抄訳>」から
・・この本は、志を立て、自分の運命を切り開き、世のため人のために尽くさんとする“指導者のための聖書”といわれている本・・(中略)・・“自分を磨く”という人間学の中で、最も強力な助っ人となってくれたのが、この『言志四録』だった・・

8月18日     20クラブ(トォエンティクラブ)
深谷市を中心としたメンバー40数名の会、20クラブ。「若者の政治参加と誇れる郷土づくり」をまじめに考え活動している会です。結成から10年は経っていますが、僕は一昨年からお世話になっております。今年度は会員増強委員会の委員長という大役を仰せつかっており、今回の例会は僕らが設営担当と云う事になっていました。
今日の議題は大きく2点。10月に行われる岡部コスモス祭り(深谷サテライト会場)の協力について。(がんばって協力しますよ!)もうひとつが衆議院選挙の話。

じつに実のある例会でしたよ。
     ・・・それにしても設営は大変だった!松村会長、本当にありがとうございました!

8月15日     終戦記念日
この日に、ここへ参拝に来る様になったのは今年で5回目。これからもずっと続けて行こうと思ってます。
ところで、うちの伯母さんの旦那さんも1柱として祀られているので来年は「一緒に連れてって」との事。戦後60年、戦争体験者の高齢化にともなって参拝したくても出来ないでいる方も大勢いらっしゃるのでしょうね。お役に立てるのなら、来年はうちのバスで行こうかと考えています。

  人出の方は今年が一番でしたよ。なんでだろう?

8月13日     お盆入り  境の花火
旧境町(現在の群馬県伊勢崎市境地区)の花火大会に行ってきました。
利根川の対岸の花火大会でしたが、埼玉側の河川敷にも大勢の見物客が陣取り、それぞれのスタイルで花火の観賞をしていました。
この花火大会は会場が河川敷である事と周辺の大半が農地なので、障害物が無く花火の観賞には向いていると言えます。さらに、混んでいると云ってもすし詰め状態ではないので場所取りにさほど労力はかかりません。
・・・なので、こんな方々が大勢いらっしゃいましたよ。
   『バーベキューしながら花火観賞』
 うらやましいくらい楽しそうでした♪

8月9日     築地市場へ
家族サービスで昨日から東京に出てきてます。昨日はお台場のパレットタウン、ヴィーナスフォートを(荷物持ちで)まわり、夕食はディナークルージング

今日は早朝より築地市場見学と包丁修理に出かけました。年に数回はここへ来て、食材の季節感や食のトレンドを確かめたり、時には珍しいものや目新しいものを購入していきます。

  築地市場の様子はこちら

8月5日     スポーツ合宿
 熊谷市にある熊谷スポーツ文化公園昨年開かれた第59回国民体育大会「彩の国まごころ国体」のメイン会場)まで送迎。 全国ジュニアゲートボール大会で京都代表の選手団の方々にご利用いただきました。昨年の国体でもバレーボール少年男子の京都チームにご利用頂き、準優勝(ちなみに優勝は埼玉)に輝きました。今回のジュニアゲートボール京都チームも大健闘の全国3位入賞を果たしたそうです。

また、きん藤から熊谷ドームまで約20分。意外と近いんですよ。渋滞の熊谷市街から来るより早く会場に着けるんです。

その他、今週はサッカーやラグビー、野球のスポーツ合宿のチームのお泊りがあり、きん藤号(送迎バス)は北へ、南、西、東とフル稼働でした。

8月2日     商店街連合会 研修委員会の会議に参加
   「一休」で会議

・・・一休とは
  ○深谷TMO事業(深谷市中心市街地活性化基本計画と深谷タウンマネジ
    メント構想により設立された組織)の一環の活性化合同サロン

写真の左から2番目、柿沼会長 一番右が近亀のせがれ、巨漢「きよし」

8月1日      筋肉痛と手の豆が祭りの名残


六弥太鳴子会のサイトは
こちら
昨日でお祭りは無事に終了しました。
毎年、抜け殻になって居るのですが、今年はそうではありませんでした。

深谷市は来年1月1日岡部町、花園町、川本町と合併して新生「深谷市」としてスタートします。
それぞれの町との交流事業が盛んになってきた昨今、今日は岡部商工会館にやって来ました。
10月開催の岡部コスモス祭りのお手伝い。  ここまでのいきさつは↓↓

○コスモス祭りのイベントのひとつに「よさこい鳴子踊り」があり、参加団体が毎年増加している
  ↓
○今年は会場のキャパシティを越える事が予想。会場拡大にサテライト会場(深谷会場)の案浮上
  ↓
○岡部町商工会青年部が深谷市各団体(商工会議所青年部・JC・20クラブ)に協力支援要請
  ↓
○20クラブ会員小島進氏(深谷市議会議員前議長)のお誘いを受ける(「いっくん、一緒に来なさい!」と)
  ↓
○第一回目のコスモス祭り全体会議に参加している!?

7月29日〜31日     深谷八坂まつり
               第10回深谷まつり   パート2
お祭り二日目は「第10回深谷まつり」。従来の鎮守様の夏祭りに、市民祭りが加わってから
今年で10年の節目を迎えました。感慨深いものがあります。これからもお祭りが盛大に開催され、
子供たちの笑顔が町中に広がって行って欲しいものです。
それと、子供から大人、年配の方々、老若男女、地域の知恵と力を合わせて一つのお祭りを
つくっていくダイナミックさと、世代を越えた交わりの中から気づかされる「おかげ様」、
「お互い様」の心に毎年、すがすがしさを感じずにはいられません。

  お祭りの様子(パート2)

7月29日〜31日     深谷八坂まつり
               第10回深谷まつり
若旦那の生きがい!?
夏祭りが始まりました。
早朝(am4時)から仕入れに出かけ、仕込みをさっさと仕舞いにして
若だんなは朝からお神輿担いで、お囃子たたいて、笛吹いてます。

きん藤の前では7基の山車・屋台が集結。壮観です。

  お祭りの様子はこちら(きん藤歳時記)

7月28日         近所に散歩
きん藤から徒歩2分
裏通りにある駄菓子屋サン
子供たちから「ろくさんち」(成瀬商店)と呼ばれています。
奥では「もんじゃき」
         150円から

7月27日      台風一過
晴天の関東地方。
台風に吹き込む南風が関東地方を通り、気温は朝からうなぎのぼり。
熊谷観測所では38℃。を記録。ただ、湿度が低かったのでカラっとしてました。

7月    学校関係では夏休み 
【記録です。】

毎年、きん藤では多くの学校スポーツ部の合宿が行われます。
サッカー部、ラグビー部、野球部、ソフトテニス部、・・・ets
珍しいところでは、吹奏楽部の合宿でもご利用いただいております
この日はとあるサッカー部の合宿。70名様の団体でしたが、きん藤で一度に提供した
ご飯の“量”、新記録でした!(おめでとう!) 『23升』
ご連泊されましたが、初日は侮って15升用意したのですが、まったく足りませんでした。
沢山召し上がっていただけると、調理した甲斐があります。夕食自慢の旅館ですので
皆さんおなかいっぱい召し上がって行ってください。

7月21日、22日    防火管理講習会に行ってきました
丸二日間みっちり講習会でした。
カリキュラムの途中で消防実地訓練もあったり。
この講習会で防火管理者の資格を取得でき、防災計画や防災設備の設置、防災訓練等
を行う義務を担う事になります。きんとうでは定期的にに防災訓練を行っています。